佐藤勇人と佐藤寿人は似てない?双子の子どもの頃の顔や性格を比較!

・本サイトはアフィリエイト広告を利用しています
佐藤勇人と佐藤寿人は双子だけど似てない? 子どもの頃・性格・経歴など比較 

元プロサッカー選手で日本代表も務めた、双子の佐藤勇人さんと佐藤寿人さん。

お二人は引退後もそれぞれ活躍されている方たちですが、「似てない」と言われているようですね。

今回は子どもの頃の顔から現役時代、また性格や経歴を比較していきたいと思います。

佐藤勇人さんと佐藤寿人さんの双子の兄弟が似てるのか気になる方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子どもの頃から一緒にサッカーをしてきた双子の佐藤勇人さんと佐藤寿人さん。

まずはプロ現役時代の写真で比較していきたいと思います。

出典:ジェフユナイテッド市原・千葉HP 名古屋グランパスHP

次はプライベートのときのおふたりです。

二卵性の双子ということもあって、輪郭や顔立ちはあまり似ていませんが、おふたりともイケメンですね。

普通の兄弟でも、似ている兄弟も入れば、似ていない兄弟もいますよね。

二卵性の双子はそれと同じようなそっくり具合のようです。

兄の勇人さんは、ひげと輪郭の影響なのかイチロー選手に似ている感じがしますね。

そして小さい頃は似たようなお顔をしているように見えますが、成長と共にはっきりと顔立ちが分かれてきましたね。

勇人さんも寿人さんも、歳を重ねるごとに優しさが増してる感じがします。

ただ、似ているかというとやはり似ていないですね。

佐藤勇人・佐藤寿人プロフィール

こうしてみても同じくらいの背格好で、双子はスポーツをして体を鍛えていても体格は似てくるんですね!

利き足がきれいに分かれているところも、なんだか補い合ってるみたいでいいですね。

3歳の頃にお父様にサッカーボールを買ってもらったことをきっかけに、勇人さんと寿人さんはサッカーをするようになります。

小学校に入ってからは、地元のスポーツ少年団「春日部大増サンライズサッカークラブ」に2人で入り、小学校6年生のときにJリーグがスタートしたことで寿人さんはプロのサッカー選手になりたいと思うようになったそうです。

お父様がジェフ市原の方に練習を見てもらうきっかけを作ったことで、寿人さんは見事入団することが決定しました。

寿人さんが合格したことで、お父様は開いていた中華料理店をたたみ、家族で千葉県へ引っ越すことになるのです。

普段から試合のときは、日曜日でもお店を閉めて応援をしていらっしゃったようなので、本当にサポートがすごいですね。

合格したのは寿人さんだけでしたが、勇人さんの実力を知っていた寿人さんは、監督に懇願して勇人さんも入団するなったそうです。

その後、兄の勇人さんがユースを辞めて、サッカーから離れたときはありましたが、再びサッカーに戻り同じチームで活躍していたこともありました。

双子でプロのサッカー選手というのは本当にすごいことですよね!

しかも勇人さんは降格を経験していません。

さまざまな出来事があり、タイミングもあったと思いますが、双子にしかわからない思いがあったのではないかと思います。

兄 佐藤勇人

選手歴

1988-1993 大増サンライズFC

1994-1996 ジェフユナイテッド市原ジュニアユース

1997-1999 ジェフユナイテッド市原ユース

2000-2007 ジェフユナイテッド市原/ジェフユナイテッド市原・千葉

2008-2009 京都サンガF.C.

2010-2019 ジェフユナイテッド市原・千葉

経歴

2020-   ジェフユナイテッド市原・千葉クラブユナイテッドオフィサー

出場歴

Jリーグ:459試合 37得点(J1 220試合/29得点、J2 239試合/8得点)

Jリーグカップ:53試合 6得点

弟 佐藤寿人

選手歴

1994-1996 ジェフユナイテッド市原ジュニアコース

1997-1999 ジェフユナイテッド市原ユース

2000-2001 ジェフユナイテッド市原

2002 セレッソ大阪(ジェフユナイテッド市原より期限付きの移籍)

2003 ベガルタ仙台(ジェフユナイテッド市原より期限付きの移籍)

2004 ベガルタ仙台

2005-2016 サンフレッチェ広島

2017-2018 名古屋グランパス

2019-2020 ジェフユナイテッド市原・千葉

出場歴

Jリーグ通算(560試合 220得点)※リーグ戦に限る

日本代表通算(31試合 4得点)

功績

2008 J2リーグ得点王(28得点)

2012 FIFAクラブワールドカップ

2012 得点王(3得点)

2012 日本年間最優秀選手賞

2012 JリーグMVP

2021 Jリーグ得点王(22得点)

現役時代はジェフユナイテッド市原・千葉にお二人が所属していたことがありました。

そのときは弟の寿人さんの方が試合に出ることが多く、勇人さんのほうが先に移籍をするのではないかとお互いに思っていた時期があったようです。

しかし、実際は先に寿人さんがセレッソ大阪へ移籍することになり、大阪への引っ越しする際には勇人さんも手伝いにいくなど、プライベートでも仲のいい兄弟のようですね。

寿人さんが移籍後すぐにギラン・バレー症候群を発症したとき、勇人さんは千葉にいたため、何もできないもどかしさを感じ別々のチームにいることを実感したそうです。

お父様曰く、おふたりの性格は正反対だったようです。

「何でも先にやるのが寿人。後からついて行くのが勇人。逆のイメージがあるでしょ? でも違うんですよ。サッカーを始めたのも寿人が先。こっちはいつも、こっちの後を追い掛けていく感じでね」

 それぞれの写真を指しながら、父は四半世紀ほど前の記憶を楽しそうに呼び起こす。

Number Web

他にも買い物に行った際は、兄の勇人さんはいろいろ見てから慎重に買うのとは反対に、弟の寿人さんはほしいものは衝動的に買うタイプ。

家族でBBQをしたときには、勇人さんは家族が揃ってから食べたいのに対し、寿人さんは先につまみ食いをしてしまうこともあったそうです。

そして家族でシュート練習をするときには、勇人さんがパスを出して、シュートを打つのは寿人さんというパターンで、勇人さんはいじけていたことも。

勇人さんはサッカーをやめていた時期があるせいか、ちょっと自由なイメージがありますが、実際はしっかり長男タイプなのかもしれませんね。

弟の寿人さんはインタビューなどを見ていると、真面目で受け答えもしっかりしているので、リーダーっぽい長男気質かと思いましたが、意外と自由奔放なのかもしれませんね。

佐藤勇人さんは2019年10月に、佐藤寿人さんは2020年12月に現役を引退し、その後それぞれ違う道に進まれました。

お二人が選択した道にはどのような違いがあったのでしょうか。

現役を引退後は、2020年1月22日にジェフユナイテッド市原・千葉の「クラブユナイテッドオフィサー」に就任。

やはりクラブに所属ということで、何をするにもフリーの立場とはスピード感が違ったとおっしゃっていました。

現役引退後は指導者に興味はなかったようですが、ストライカーの指導がしたいと指導者を目指すようになります。

日本サッカー協会指導者のライセンスS級を取り、ストライカーとして生きてきたことを活かして、これからの選手を育てていこうと思っていたそうです。

ゆくゆくは広島で監督をしてほしいという声も後押しになったかもしれませんね。

勇人さんと寿人さんは、2022年より「プレミアリーグU-11」のアンバサダーに就任されています。

お二人がそれぞれサッカーで功績を残されてきたからこそですね!

離れてサッカーをしていた時期もありましたが、お二人ともサッカーに対する熱い思いは同じのようですね。

佐藤勇人さんと佐藤寿人さんは双子だけど似てないのか、子どもの頃の顔や性格、経歴などを比較しました。

顔は子供の頃は雰囲気は似ていましたが、成長するにつれはっきりと分かれてきましたね。

大人になっても似てきたかなということはないようです。

性格も反対で引退後に進んでいる道は違うようですが、サッカーに対する思いはお二人とも熱いのではないかと思います。

今後もお二人の活躍を期待したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
有名人
シェアする
tayuame life
タイトルとURLをコピーしました